梅雨時期の浮腫みに効く漢方

 

梅雨時期には浮腫みの症状が出る人が多いです。梅雨時期は一年の中では最も湿気が多いため、体内の水分が発散されずに体内に蓄積されてしまいます。この症状のことを漢方では湿邪と呼んでおり、湿邪を解消することによって、体内の水分を蒸発させて浮腫みを解消へと導きます。
梅雨時期の浮腫みに効く漢方には、五苓散や猪苓湯などがあります。これらの薬は腎臓の機能を高める作用があり、体内に蓄積された水分を尿にして体外に排出します。汗をかくことも体内の水分を蒸発させることができます。発汗作用のある漢方には勝湿顆粒があり、汗をかくことによって、浮腫んでいる症状が緩和されます。
高齢になると新陳代謝が低下しますので、若い人よりも浮腫んでしまう傾向があります。特に脚が浮腫むことが多く、脚が浮腫んでいる時には牛車腎気丸が最適です。牛車腎気丸は腎機能を高めることができますので、老化による頻尿を抑える効果も得られます。
果物によっても浮腫んでいる症状を改善することができます。西瓜の皮には翠衣と呼ばれる成分が含まれており、強い利尿作用があり、体内に蓄積された水分を尿にして排泄します。翠衣は昔から薬膳に使われており、長年にわたる経験則によって、浮腫んでいる症状の改善の効果が証明されています。

 

鉄分サプリメント

2015/12/22 17:36:22 |

授乳中で浮腫みに悩まれているか方は多いのではないでしょうか。授乳中は母乳を赤ちゃんにあげるため、体内の水分が失われます。水分補給が不足すると、身体が不足している水分を補完しようとして溜め込み浮腫みとして現れます。さらに、運動不足や睡眠不足などの疲労も代謝が低下する原因となり、血の巡りが滞り浮腫みに繋がります。この症状を解消するには減塩を心がけた食生活やストレッチ、足を温めて血管の循環を促すなど様々な工夫があります。食べ物で、小豆は女性に嬉しい成分が多く含まれているため、産後、授乳期のお母さんにおすすめです。利尿作用のある漢方を服用することも1つの方法です。漢方は自然由来のものなので妊娠や授乳期でも飲めるものが多いです。もちろん何でも安心という訳ではなく、母体や母乳に影響が出るものもあります。当帰芍薬散という漢方は産後の障害に良いと言われています。日常生活で意識できることを行っても症状が改善しない場合はかかりつけの産婦人科で相談すると良いでしょう。産後は身体も辛く疲労も蓄積されやすい時期です。しかし、可愛い我が子とふれあい慈しんでいけるのは母親です。上手にケアしながら赤ちゃんに美味しい母乳をあげてくださいね。

 

貧血サプリメント